豊胸手術でバストアップ

豊胸手術でバストアップ

形の良い大きなバストは多くの女性の憧れでもあります。女性らしさの象徴でもありますね。ですがやはり大きさや形には個人差があり、自分のバストに対して悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そこでバストが小さいと悩んでいる女性に最適なのが豊胸手術となります。

 

 

 

バストを大きくする方法としては3種類あり、インプラントと呼ばれるバックをバストの下に挿入する方法、お腹などから脂肪を吸引してシェイプアップさせ、その脂肪をバストに注入する方法、基礎化粧品などで保湿剤として使われるヒアルロン酸をバストに注入する方法があります。

 

 

 

それぞれにメリットデメリットがあるので自分のライフスタイルや体質にあったものを選ぶと良いでしょう。バックの場合には半永久的に入れたままにしておくことが出来るのですが、やはり手術という恐怖感が高くなります。

 

 

 

自分のお腹の脂肪やヒアルロン酸の注入の場合には、徐々に体に吸収されるので手術後のバストの状態を保ちたいのであれば定期的に注入する必要があるのですが、バックの挿入に比べると手軽に行うことが出来るので、利用する女性が増えているようです。

 

 

 

また大きさだけでなく、形も美しいバストの大切な要素となるので、豊胸手術と共にバストの形成などに関しても美容整形手術の分野で行われているのです。

 

 

 

最近では大きなバストを小さくする手術が海外で流行っているという話もあるので、女性の美への価値観とその追求はとどまる所を知らないという感じなのかもしれませんね。